生活習慣病

骨からカルシウムが抜けるのを抑制するイソフラボン

イソフラボンは、カルシウムが抜けるのを抑制するために、とても効果がある成分です。
年を重ねていくと、男女問わず健康で元気に動くためには、カルシウムをたくさん摂り、骨を丈夫にしなければいけません。
カルシウムが減ってしまうと、骨が弱ってしまいます。

そして、骨折や転倒等しやすくなり、ひどくなると、骨粗しょう症になります。
しかし、せっかくカルシウムを摂っても、イソフラボンを摂らなければ意味がありません。
特に女性は、年齢とともに女性ホルモンのエストロゲンという成分が減ってくるため、余計にカルシウムが吸収しづらくなります。

つまり、カルシウムをしっかり体内にとどめる為には、イソフラボンも同時に摂取することが、とても重要なのです。
一般的に、30代からカルシウム量の減少は始まるとよく言われます。
ですから、若いうちからカルシウムをしっかり摂るように気をつけると良いです。

イソフラボンは、大豆に多く含まれるため、簡単に摂取できます。
一日に必要な摂取量も決して多くないので、誰でも毎日続けられます。
最近は、スポーツをする年配の方も多いです。
元気に老後を過ごすためにも、若いうちから健康に良い効果をもたらすイソフラボンhttp://www.rosedonbermuda.com/power.htmlを摂り入れていきたいものです。
日々の食生活で、カルシウムと一緒にイソフラボンを摂取して、カルシウムが抜けてしまわないように気をつけていきましょう。
こちらhttp://www.synchroboards.com/bone.htmlにもイソフラボンによる骨粗しょう症予防が詳しく説明されていますのでご覧になってみてください。

このページの先頭へ