生活習慣病

イソフラボンの取りすぎで女性ホルモンのバランスが崩れる

イソフラボンは、生活習慣病やガン等、さまざまな病気の予防に効果があり、誰もが体に取り入れることで、健康に良いと分かっています。
また、女性にとっては、年齢によって減少した女性ホルモンのような働きをイソフラボンがすることによって、更年期障害の症状を軽くする効果や、カルシウムの吸収力アップの効果があります。
女性ホルモンは、閉経の時期にあたる40代後半に特に減少してしまいます。

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンのような効果があります。
そのため、更年期障害による体調不良やカルシウムの吸収力の低下を防ぐことで、骨粗しょう症の予防にもとても有効です。
他にも、生理不順や妊娠にも良い効果があるとされています。

また、美容の面でも美肌効果もあり、注目されています。
ただし、イソフラボンを過剰摂取すると副作用http://www.ideux.jp/fi.htmlが起こる場合があります。
必要量を超えて摂取すると、逆に女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、体調不良になってしまいます。
イソフラボンの一日の摂取量の目安はこちらから。
http://xn--eck7bvd2a5dzc.la/04.html

女性ホルモンのバランスが崩れると、生理不順や乳がんになる可能性が出てくるという研究結果もあります。
妊娠中の人や子供は、食べ物からイソフラボンを摂取するべきといわれています。
イソフラボンは、適量を取れば、健康効果を十分得ることができます。
イソフラボンの取りすぎに気をつけて、大豆食品等からイソフラボンを取っていきましょう。

このページの先頭へ