生活習慣病

食生活が欧米化した人にイソフラボン

日本食は、栄養バランスが取れていて、とても健康的な料理です。
和食を食べることで、自然と大豆を使った食品を摂ることになり、一日に必要なイソフラボンの摂取量も自然に摂ることができます。
ところが、現在の日本人は、食生活が欧米化してきたため、和食を口にする機会が減ってきてしまいました。

欧米化した食生活は、肉類や油っぽい料理が多く、健康に良いとはいえません。
それに加えて、大豆食品の摂取量が少ないので、一日の必要なイソフラボン摂取量に満たない人も多くなりました。
天然由来のイソフラボンは、骨粗しょう症の予防や、がん予防に有効といわれています。

また、女性ホルモンのエストロゲンというものと同じような効果があり、更年期障害を軽くする効果があるとされています。
その為、海外では和食や大豆食品への注目度が高く、研究も進み、健康のために大豆食品を摂取することが薦められています。
大豆に含まれるイソフラボンの効果が良いとわかった今、日本食は海外から注目されるようになりました。
海外でのイソフラボンに対する研究、大豆食品や和食に対する評価を知ると、欧米化した食生活を送っている人には、イソフラボン摂取は重要だという事が分かります。
幸運にも、日本食が身近に手に入るのですから、欧米化した食生活の中に和食を取り入れて、イソフラボンを摂取していきましょう。
おすすめのイソフラボンの摂取方法は、こちらもご覧になってみてください。

このページの先頭へ